読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダルダルのダルメシアン

点滴の最中に 「時間内に終わりそうにないので薬を院内薬局に

変えますね」と言われて 看護師さんが処方箋を書き換えてもらいに

行ってくれました

そして、「院内薬局も間に合わないので 私 もらってきますね」と

やっとこ 抗がん剤が終わって 会計に行かなきゃと思ったら 

「表の会計も終わってるので 救急の入口で払って下さい」と

『私、終わるの遅過ぎだよ〜』と 落ち込みました(笑)

ヘトヘトで体を引きずるように 敷地内にあるコンビニに寄って

とりあえず アイスティーを買って 一気に飲み ノドがメチャメチャ

渇いてたんだなぁ〜と アルコールが入ってるせいか

二日酔いのような状態でとにかく 帰りたいので タクシーに

乗り込んで帰りました

朝も昼も食べてないので お腹は空いてるけど 食べる気力がなくて

布団に倒れ込む勢いで 寝ました(笑)

2時間くらい寝て 少し楽になって お茶漬けを食べて

また、寝ましたどうやら お腹が空き過ぎて 目が覚めたようでした(笑)

ここから 眠いのに 2時間置きに 目が覚めて 次の日も ダルメシアンでしたΣ(゚д゚lll)

 

 

 

楽勝と思ったのは間違いでした(−_−;)

1回目の抗がん剤が無事に終わり 2回目から 専用の部屋でうけたのですが

朝一番に専用の部屋の受付けに行き 札を取り 体重 血圧 熱 血液を取り

尿検査のコップを貰い検査用トイレに行き検査室の窓の前に置き

婦人科で結果を待ちます (1時間くらいかかります)

OKが出ると 専用の部屋に行き ベッドで抗がん剤を受けるんですが

部屋に入ると基本 終わるまで出れないので その前に飲み物とお昼を買います

部屋には自販機があり お湯やレンジもトイレもあり 出ないでも 問題なく過ごせる様に

なってました

そして、ベッドやリクライニング式の椅子にはテレビがついていて 退屈もさせない様に

至れり尽くせりな感じになってました

私は長い時間になるのでベッドで抗がん剤を受けることになりました

点滴の針を刺すのは専門の先生がいて 針を刺して 看護師さんと交代します

先に水を流して漏れてないか確認をして 吐き気どめを入れます

あっその前に 抗がん剤が受けられると決まったら 薬を先ず飲みます

それから 針を刺します 忘れてした(笑)

1時間くらいで吐き気どめが終わり 次はブラッドオレンジ色の点滴をして

次にアルコールの抗がん剤 私はコレが入るとグッタリしちゃいます

アルコールのせいで うとうとしていると なんか変 点滴が減らないんです

どうも、最初にいれた抗がん剤が血管を収縮させてしまうようで 点滴が落ちなくなってしまいましたΣ(゚д゚lll)

倍以上の時間がかかり始めて朝の8時から病院に行って終わったのが夜の7時過ぎ

最後の1人になっちゃいました(;_;)

今後の点滴が思いやられますΣ(゚д゚lll)

 

 

 

 

 

現在進行形で悔やんでます

焦って買ったカツラ

ショートヘアーで なかなか可愛いのですが

高かったのに《2回》しか被りませんでした

2回ですよ

高かったのに

2回

私は頭が若干デカい為に アジャスターを最大にしますが

デカいから動く度にズレますΣ(゚д゚lll)

一つ詰めるとキツくて頭がガンガン

仕事になりませんƪ(˘⌣˘)ʃ

主任に帽子で仕事してはダメか相談すると あっさりOK

出ました

それで、ずっと帽子で過ごしたのでカツラいらなかったです

「あー買わなくて良かったじゃん私」(;_;)

って思っちゃいます

ちなみに仕事以外の普通のお出かけも帽子で過ごしました

カツラは高いので 自分は被る派か被らない派か

よ〜く考えて買って下さいね

髪の毛

『だいたい10日目ぐらいで抜け始めます』

抗ガン剤の治療の為のツアーの時に看護師さんに

言われてましたが 本当に10日後の朝 枕に髪がゴッソリ

『あ〜抜け始めた』覚悟はしてたけど 実際に枕を見ると

軽くパニックΣ(゚д゚lll)

その後、シャワーを浴びたら ドラマのシーンのように 手に

髪が絡みついてて またまた プチパニックΣ(゚д゚lll)

抜けるのは分かってたし家族の人が抗ガン剤治療した時も

抜けてたのを見ていて分かっていたのに いざ実際に抜けると

動揺するもんですね

直ぐに仲良しの友達にラインしちゃいました

やっぱり友達に頼りたくなっちゃうんですよね

聞いてくれて元気付けてくれる友達がいて幸せだと思いましたヽ(´▽`)/

髪の毛って 直ぐに ツルツルになるのではなく ゆっくり抜けて行くんですね

焦ってカツラを買いに行って 後悔している最中です(現在も(笑))

なぜ 焦ったかと言うと 8月の最初に抗ガン剤を入れて10日後に

抜け始めたので お盆に引っかかる お店が閉まっちゃうって思ったんです

でも、実際は そんな急に抜けないし 私の仕事は三角巾を被るので

ある程度 誤魔化せたので 急いで買わずに ゆっくり考えてから 

買うか買わないか決めれば良かったです

だって、高かったんだもん(;_;)

 

一泊二日の入院④

退屈な夜を過ごして 多少の吐き気はありつつも

問題なしと言うことで無事に退院できましたヽ(´▽`)/

ただアルコールが入ったせいか 2日酔いのような感覚があり

これから 後5回続くのかと思うと微妙な気持ちでしたが

今、抗癌剤は良くなってるってだけあって楽勝かもと

勘違いしてましたΣ(゚д゚lll)

帰った日は 入院疲れがありましたが 次の日から普通に仕事にも行けて「大丈夫 私やって行ける」って思っちゃいました(笑)

 

 

一泊二日の入院③

それは突然でした

「ウッ」って何かが込み上げて来ました

吐きはしなかったけど 鼻にツーンとした痛みが走り

思わずナースコールを押しちゃいましたΣ(゚д゚lll)

吐かなかったけど 次から次へと 気持ち悪さが込み上げて

あまりに突然に副作用?と不安になりました

看護師さんが来てくれて 説明すると 吐き気止めの注射を

してくれて「様子見てみましょう また、気持ち悪くなったら

直ぐに知らせて下さいね」と優しく言われたら 焦った気持ちが

落ち着き ちょっと、安心しました

注射が効いたのか看護師さんの言葉が効いたのか その後は吐き気が治り夕飯もたべれて また、退屈な時間を過ごしました(笑)

このまま 終われば 明日は退院ヽ(´▽`)/

 

 

一泊二日の入院②

消してしまった(;_;)

せっかく書いたのに 後少しでアップ出来たのに

書き直しかぁ〜ショボ━(´・ω・`)━ン

よし頑張る٩( 'ω' )و

 

 

お昼を食べ 寝ながら待っていると研修医?一人立ち目前の先生?が

抗癌剤を打つ為の注射針を刺しに来てくれました

針を刺して 生食を流して 水が流れているか確認したら

看護師さんがテープで固定して 先ずは 吐き気止めを30分

その後、看護師さんが2人来て厳重に確認して

ブラッドオレンジ色の抗癌剤を打ちました

特に変わりなく終わり 次が治験の抗癌剤で500のビールと

同じ度数のアルコールが入ったものを入れました

すると、お酒が飲めない私には なかなか辛いもので

心臓が《ドックン》となりましたΣ(゚д゚lll)

ヤバいかな?と思ったけど 何とか2時間やり過ごし 

最後の抗癌剤が1時間半で 通常より 少し予定時間を

オーバーしたみたいだけど 無事に終わりましたヽ(´▽`)/

 

終わるとグッタリとして ずっと寝てられて良かったと

思いながらもヒマだし 入院する必要あるのかな?と思いつつ

過ごしてました